【2020年最新版】アステックペイント塗料の特徴や費用相場からおすすめの人をチェック!

2019/11/30
中塗りと上塗り

「アステックペイントの塗料の特徴は?」

「アステックペイントの塗料は他とどう違うの?」

「我が家にアステックペイントの塗料は向いているの?」

「アステックペイントの塗料を使いたいけれど失敗したくない」

外壁や屋根などの屋外塗装において「アステックペイント」の塗料を選ぶケースが増えています。

この記事では、上記の疑問が解決する情報を分かりやすくまとめています。

アステックペイントの塗料で失敗しないためにも、ぜひ最後まで読んでください。

アステックペイントの特徴

外壁塗料

「アステックペイント」とは、オーストラリアの建築用塗料メーカーの名前です。

太陽光線が強いオーストラリアで生まれたアステックは、耐久性や防カビなど家を長持ちさせる機能に優れた塗料です。

家の寿命は「日本は30年、欧米は100年」ですが、この差は家の維持管理に対する意識の差が生んでいます。

アステックペイントは、家の維持管理への意識が高いオーストラリアにおいて、外装建築用の塗料でシェアNo.1の、高品質な商品を作るメーカーです。

アステックペイントの主力商品はECシリーズ

アステックペイントの塗料は原料や用途などによって、さまざまな種類が存在します。

中でも主力商品は、ピュアアクリル塗料のECシリーズです。

ECシリーズは防カビなどの基本性能に加え、他の塗料よりも防水性や耐候性が高く、最も選ばれています。

(耐候性とは、太陽光・温度・湿度・雨などの自然環境に耐える性能のことです)

外壁用のECシリーズは「EC-5000PCM」「EC-5000PCM-IR」の2種類があり、「IR」は遮熱性をプラスした製品です。

アステックペイントの塗料の種類と費用相場

外壁塗装

アステックペイントの塗料には数十種類が存在します。

以下の表は代表的な製品の、用途や耐久性の一覧です。

【2020年最新版】アステックペイント塗料の特徴や費用相場からおすすめの人をチェック!1

アステックペイントの塗料の価格は非公開です。

アステックペイントの塗料で塗装する際の費用相場は、施工する業者によって変わります。

以下の表では施工する際の目安費用をグレード別に一覧しているので、参考にしてください。

【2020年最新版】アステックペイント塗料の特徴や費用相場からおすすめの人をチェック!2

アステックペイントの塗料のメリット・デメリット

ポイント

アステックペイントの塗料は、さまざまな点で他社塗料よりも優れていますが、もちろん弱点も存在します。

以下では特に「ECシリーズ」と他の塗料との比較によって、メリット・デメリットを整理しています。

※この章の文章における「アステックペイントの塗料」とは「ECシリーズ」を指します。

アステックペイントの塗料のメリット

①耐久性が高く長持ちする

アステックペイントの塗料のピュアアクリルは、一般的なアクリルに比べて紫外線に強く、破壊されにくいのが特徴です。

耐久性を検査する試験「促進耐候性試験(スーパーUV)」によれば、15年以上は持つという結果が出ています。

これは一般的なアクリル塗料の倍以上の耐久性です。

②ひび割れに強く防水性が高い

アステックペイントの塗料のピュアアクリルは、とても弾力性に優れており、伸縮率は600%あります。

一般的な弾性塗料の伸縮率は120%程度なので、約5倍は伸びると言えるでしょう。

外壁や屋根でひび割れが起きた際でも、最表層のピュアアクリルがしっかりと伸びてカバーします。

その結果、ひび割れから水が浸入できないため、防水性が高く雨漏りに強いのです。

③遮熱性が高く経済的

アステックペイントの塗料のうち、品番に「IR」が付いている製品は遮熱性を持っています。

「EC-5000PCM-IR」で塗装した外壁は、一般的な塗料に比べて、表面温度を15℃程度低く保ちます。

これは屋内の室温を3~5℃程度下げることができるので、エアコン代をおさえることができます。

④カラーが豊富

アステックペイントの塗料には、基本色として68種類のカラーバリエーションがあります。

これら基本色だけでも一般的な塗料に比べて種類が豊富と言えるでしょう。

ところが遮熱性がない塗料(品番「IR」以外)では、さらに特別色にも対応しています。

要望に合わせた特別色を依頼すれば、こだわりのカラーで塗装することが可能です。

アステックペイントの塗料のデメリット

①塗り方が難しく技術が必要

アステックペイントの塗料は施工する側からすると、通常の塗料よりも塗装が難しく、技術が必要です。

そのため、アステックペイントの塗料では施工不良となるケースも存在します。

販売元の「ジャパンアステックペイント社」では技術研修を行い、施工品質を認めた業者のみに販売しています。

②価格が比較的高い

一般的に、外壁用のアクリル塗料は、フッ素やシリコンなどの塗料に比べて安い傾向があります。

しかしピュアアクリルは、特殊な合成樹脂かつ高性能なので、価格設定が高めです。

具体的には1平方メートルあたり4,000円前後であり、これは他社のフッ素系と同等の価格と言えるでしょう。

アステックペイント塗料で施工を依頼する際の注意点

アステックペイント製品で塗装をすると決めたのなら、失敗しないための注意点をおさえておきましょう。

以下ではそれらの注意点を解説します。

メーカーが認定した塗装業者を選ぶ

アステックペイントの製品は、アステックペイント社が技術認定をした塗装業者にしか販売していません。

アステックペイント製品は他の塗料に比べて塗り方にコツが必要であり、下手な業者が塗装すると施工不良につながるからです。

そのため、アステックペイント製品での施工不良は起こりにくいはずですが、現実には施工不良が起きています。

施工不良の原因として、アステックペイントの塗料を認定業者が準備して、塗装は認定されていない業者が施工したケースが考えられます。

このような事態を避けるために、ホームページなどで必ず認定業者なのかを確認しましょう。

また認定業者であっても、施工実績が多い業者を選ぶことで、失敗する確率は大きく下がります。

業者の種類で費用が変わる

同じアスペックペイント塗料で数件の業者に相見積もりを取ってみると、1平方メートルあたりの単価が違うことに気づくでしょう。

実はこの価格の差は、業者の種類によって変動するのです。

たとえば、大手住宅メーカーや大手リフォーム会社などは、価格が高くなる傾向にあります。

価格が高くなる理由は以下の2つです。

  1. 大手業者はブランド力が強い分、営業やCMなどにお金をかけている
  2. 実際の施工は下請け塗装業者に投げるので中間マージンが発生する

一方、下請けをしている地元の小規模な塗装業者に直接依頼すれば、営業やマージンがない分、価格は安くなります。

ただし小規模業者の場合は、施工品質(腕前)が業者によって差があるので、失敗する確率も上がるでしょう。

アスペックペイント塗料の施工に最もおすすめなのは、地域の中堅メーカーで、かつ自社施工している業者です。

中堅メーカーは、実績によってある程度の規模まで育った会社ですから、施工品質が高い傾向にあります。

中堅メーカーの中でも下請けを使わない完全自社施工であれば、価格も安くおさえてくれるでしょう。

【2020年最新版】アステックペイント塗料の特徴や費用相場からおすすめの人をチェック!3

状況に応じて他の塗料も検討

アスペックペイントの塗料は耐久性や耐水性、耐候性などに優れた塗料ですが、必ずしもベストな選択とは限りません。

塗装を考えている壁や屋根の状況、予算、あと何年住むのかなど、状況は人それぞれです。

たとえば、あと10年も住まないと分かっているのであれば、もう少し安い塗料でもいいかもしれません。

道路の近くで、すぐに黒ずんでしまう立地であれば、もっと汚れに強い塗料のほうがいいかもしれません。

信頼できる業者であれば、状況を説明してベストな塗料をいっしょに選んでもらうのもよいでしょう。

まとめ:アステックペイントは認定業者に依頼しよう

プロに相談

長持ちして水に強く、室内温度を下げる効果もあるアスペックペイント製品は、塗装業者の目から見てもおすすめの塗料です。

ただし、高機能なアスペック塗料も、正しく塗装できなければ効果を発揮できません。

施工不良による最悪のケースでは、補修工事や再塗装も考えられます。

失敗をさけるためにも、必ず施工実績のある認定業者を選択しましょう。

外壁塗装の具体的な費用相場を知りたいのなら「40坪でサイディング外壁を塗装する費用相場は80〜150万円だ!」で詳しい情報を公開しています。

気になる人はチェックしてみましょう!

おすすめ記事
外壁塗装の専門家

外壁塗装の専門家

塗装技能士の国家資格を持ち、老舗の塗装会社で職人をしていた元プロが監修しているサイトです

高度な技術を学ぶ訓練校にも通い、専門書籍を数多く所持しています

記事は、防水塗装の職人にも書いてもらっています

外壁塗装や防水で騙される人を減らしたくてサイトを立ち上げました!